トラック運転手のストレス 

トラック運転手のストレス

トラック運転手のストレス

トラック運転手は荷物を日本全国に運ぶ仕事です。
近場だけの運転手もいますが、長距離になると肉体的にも精神的にもきつい仕事です。
仮眠をとりながらの運転は、トラックの中という狭い空間で思い切り休めないですし、時間も限られていて大変です。


睡眠不足で事故を起こしてしまうこともあります。
長距離だと家にも帰れないので、家族との時間もなかなかとれないです。
トラック運転手のストレスの原因として以下のようなものがあります。

☑ 長距離長時間の運転
☑ 睡眠不足
☑ 人手不足
☑ 同じ体勢での運転
☑ 長期間家に帰れない
☑ 疲労

トラック運転手に向いている人

■真面目にこつこつ頑張る人
乱暴な人や根気がない人は、運転手に向いていないかもしれません。
運転手は、いかなる場合も落ち着いて、確実な運転を心がける必要があります。
適当な運転をしていると、命に関わる事故を引き起こす可能性があります。

■ストレスに強い
運転手の仕事は、肉体的にも精神的にもハードです。
長時間座って運転し続けなければなりません。
会社によっては勤務時間が不規則だったり、拘束時間が長いです。
渋滞などにはまってイライラすることもあるでしょう。
その中で、いつも時間や安全を気にして運転しなければならないので、精神力も要します。
プレッシャーが大きな仕事なだけに、強い心と体を持っていきましょう。

ファンケルのえんきん


トラック運転手は何が大変?

■体力勝負
長距離を走るとなれば、集中して運転し続ける精神力が必要ですが、さらにトラック運転手は貨物の積み下ろし作業もあり、これが最も厳しいという声も聞かれます。
重い荷物を毎日持ち運ぶうちに、腰をやられてしまう人もいるようです。

■時間厳守のプレッシャー
トラック運転手は時間を守ることが求められます。
貨物を決められた時間までに目的地へ運ばなければ物流が滞ってしまうからです。
予期せぬ渋滞などに巻き込まれてしまった場合は、休憩時間を短縮して走らなければならないこともあります。
法定速度の遵守と時間厳守の狭間で神経をすり減らす日も少なくありません。


運転手の現状・将来性

運送業界では、年々運転手の高齢化が進んでいると言われています。
これは、運転手の仕事に対するマイナスイメージによって、若者の志望者が減少していることが大きな理由となっているようです。
しかし、運転手は日本の物流を支える重要な存在です。
国の支援もさらに進んでいくことと予想されますがもし運転手を目指すのであれば、各社の給料や休暇制度、福利厚生などに関して時間をかけて調べておくべきです。

稼げなさそうといったイメージで、運転手を目指すことを躊躇してしまう人もいるかもしれません。
しかし、全てがそうというわけではありません。
安定した環境で、しっかりと情報を見極めて、安心して働ける会社を選びましょう。


トラック運転手のストレス解消法

■目の疲れをとる
・アイマスクをする
・しっかり睡眠をとる
・自然を見る
・目の運動をする

■身体を休ませる
・ストレッチをする
・伸びをする
・マッサージをする
・エステに行く
・睡眠をとる
・お風呂でゆっくり浸かる

■癒しを得る
・映画鑑賞
・自然の中を散歩をする
・アロマでリラックス
・音楽鑑賞


TOP


↑ PAGE TOP