ストレスは頭皮や髪の毛にも影響! 

ストレスは頭皮や髪の毛にも影響!

ストレスは頭皮や髪の毛にも影響!

最近抜け毛が増えてきた…薄毛に悩んでいる…など
それはストレスが原因かもしれませんよ!

■抜け毛、薄毛の原因
 血行不良
ストレスは自律神経を乱してしまうため、血管を収縮させ血液の流れを悪くします。
血行不良は髪の毛を発育させる毛母細胞への栄養不十分が原因で、毛が細くなったり抜け毛が増えてきます。

 内臓の不調
ストレスで自律神経がおかしくなると、内臓の働きにも影響が出ます。
内臓の働きが悪くなると、髪の材料になるタンパク質やミネラルの合成が悪くなります。
髪が育たなければ毛は抜けていくのです。

 皮脂の過剰分泌
ストレスで自律神経のバランスが崩れると気が荒くなり、その状態が継続すると男性ホルモンの分泌も高まり、皮脂の分泌が過剰になります。
過剰な皮脂は抜け毛の原因になります。

 頭皮が硬くなる
ストレスを感じている人は、常に体が緊張状態にあります。
緊張していると頭皮は固くなり、髪に栄養が行き渡りにくくなります。
その結果、抜け毛や頭皮のトラブルの原因になるのです。

 睡眠障害
寝付きが悪いのは、副交感神経が正常に働いていないのが原因です。
ストレスは、この副交感神経の働きを弱めます。
髪の毛は夜寝ている時に育成されるので、眠れない状態が続くと薄毛を加速させることになります。

円形脱毛症

女性男性、年齢性別に関係なく起こる可能性があり、10円ハゲ、500円ハゲ、なんて呼ばれることもある円形に脱毛が起こる症状です。

◎円形脱毛症の原因
円形脱毛症の原因は、毛周期の異常・自己免疫疾患・内分泌障害・自律神経障害などが考えられます。
細菌やウイルスなどから守る自己免疫の働きをもつリンパ球が、成長期の毛包が縮むことで休止状態になってしまいます。
この自己免疫機能の異常が円形脱毛症の原因と言われています。

 ■円形脱毛症の主な症状
 単発型
円形脱毛症のなかで最も多く見られる症状で、豆粒大から500円硬貨ほどの比較的小さな脱毛が1カ所〜数カ所にできます。

 多発型
脱毛部が2カ所以上あり、何度も繰り返す症状です。

 蛇行型
後頭部や即頭部などの髪の生え際に、帯状に繋がって脱毛します。

 全頭型
多発型が頭部全体に広がり、ほとんどの髪の毛が抜け落ちてしまう症状です。

 汎発型
頭髪だけでなく、まゆ毛、まつ毛、わき毛など全身の毛が抜け落ちてしまう重い症状です。


白髪

ストレスによって白髪になる人もいます。
恐怖やプレッシャーなど強いストレスを長く受け続けていると、色素細胞を活性化するメラノサイトが変調し白髪になります。
メラノサイトは、神経細胞と似た性質を持っているため、ストレスがかかっていると正常な働きをしなくなります。

■ストレス性の白髪の対処法
▽規則正しい生活をする
まずは規則正しい生活を身につけましょう。
毎日寝る時間が不規則だったり、睡眠時間が少なかったりすると、自律神経のバランスが崩れる原因になります。
無理なダイエットや偏った食生活をしていても身体にストレスがかかることになります。

▽頭皮マッサージ
ストレスによる白髪は、細胞本来の機能に一時的な不調が出ている状態です。
そのため、血行不良を改善するだけでも大きな効果が出る場合があります。
頭皮マッサージで血行をよくして、メラノサイトに充分な栄養を与えてあげるようにしましょう。

▽深呼吸
ストレスを改善するには、副交感神経を活性化することが重要です。
最も手軽にできるのは深呼吸です。
以下のやり方がおすすめです。
・一度全ての息を吐ききる
・なるべくゆっくりと息を吸っていく
・吸った時の倍の時間をかけるイメージでゆっくり息を吐き出していく


以上を数回繰り返すだけでも副交感神経の働きが活性化します。
腹式呼吸は効果的と言われているので、イライラした時などに試してみてください。


TOP


↑ PAGE TOP