歯科衛生士のストレス 

歯科衛生士のストレス

歯科衛生士のストレス

歯科衛生士とは、歯医者で先生のアシスタントについたり、歯石の除去や歯磨き指導をしています。
働く職場によってストレスは変わってくるかと思いますが、一般的には、院長との付き合い方が難しいというのが多いと思います。
院長というのは、一般企業でいえば社長の位置です。

その社長が、自ら現場で活躍するのが歯科医院です。
毎日、院長と関わります。院長の性格にもよりますが、自分と合わない性格だったり、口うるさい院長だと参ってしまいます、
ことあるごにスタッフに干渉しすぎると、辞められるというパターンが多いです。
歯科衛生士もたくさんいると思うのですがそういった院長がいる医院は常に衛生士不足です。
細かい、説教好きな院長だとメンタルもくたくたなので余計です。

歯科衛生士は自分で開業ができないので、ずっと雇われなければなりません。
院長との相性はある程度あっていないと、ただストレスを溜めにお金をもらっているだけになるので、そうならないように自分の中でのやりがいを見つけるようにしましょう。

職場環境

一般的に多いのが、スタッフが女性ばかりなので、人間関係も難しいとされています。
歯科衛生士は資格のある職業なので、何才になっても価値は高いのが魅力です。
ということは、ベテランスタッフさんも多く活躍されています。
若いスタッフとベテランスタッフさん、考え方も違うので上手くコミュニケーションができずに、派閥ができてしまうこともあります。


あと、どこの会社でもあるかもしれませんが、お局的存在の人が、入ってくる新人をいじめるパターンも多いようです。
しかし、そのケースはほかのスタッフもお局を嫌っていることもあるので、お局が辞めれば丸く収まるケースがほとんどです。
女性ばかりだと、仲が良くても「本音と健全」が発生するので、怖い部分があります。

それと、患者さんとのトラブルもあります。最近は、ネット情報が錯乱しているので、神経質な患者さんが増えています。
話してわかってもらえる分にはいいのですが、なかなか分かってもらえない患者さん。
例えば、電話をかけてきて何時間も話す方や長々とクレームを話される方。医院側が悪いならもちろん納得がいくまでお話をしますが、ただのクレーマーは大体頻繁にキャンセルをする方なのです。
受付は一度に行う業務が多いので、これはかなりのストレス対象となります。
嫌なことばかりではありませんが、入る医院によって全然違う歯科衛生士ライフが待っているのが現状です。


TOP


↑ PAGE TOP