ペット 

ペット

ペット

太古の時代から犬との生活はなくてはならいものでした。
現代では犬以外にも猫や鳥、ハムスター、熱帯魚など様々な動物を飼える時代になりました。
人はどうして動物を飼うことで心が癒されるのでしょうか?
ペットを飼うことで人の心にゆとりと癒しを与え、ストレス解消に繋がります。

飼い主への影響

心理的効果
不安を解消させ、やる気を回復、生活に張り合いが出ます。
ペットを飼うことによって、責任感や向上心が芽生えます。
また、安らぎや笑顔、楽しみを与えてくれるでしょう。

社会的効果
人とのふれあいや会話が増加します。
散歩に連れて行ったとき、他の犬に声をかけたり飼い主との話が弾んだりします。
人とのコミュニケーションがうまく取れます。

生理的効果
動物とふれあうと血圧が下がり、寿命が延びます。
半年以上一緒に暮らしている犬をなでている時と知らない犬をなでていると比べると、血圧の下がり方が大きかったという報告もあります。

わんわん倶楽部


自宅で犬や猫が飼えない場合

アパートやマンションなどの住居のためや動物アレルギーなど、様々な理由で犬や猫が飼えない家庭もあると思います。
毎日散歩に連れて行ってあげられない人は熱帯魚や鳥、ウサギやハムスターなどの小動物を飼ってみるといいでしょう。
犬や猫とは違った小動物ならではの可愛さで癒してくれます。

 


ペットのストレス

人間がストレスを感じるように、ペットだってストレスは感じるのです。
犬の場合、ストレスを溜める原因の中で最も多いのが、お留守番ストレスです。
犬は飼い主と一緒にいる時間がとても幸せな時ですが、いつも一緒にいられるわけではありません。
一人で放置されている時に強いストレスを感じるのです。

あまりにストレスが強いと体調を崩したり問題行動の原因になってしまいます。
そのためにも、日々の散歩やスキンシップは可愛いペットのためには欠かさず行って下さい。


TOP


↑ PAGE TOP