間違ったストレス解消法 

間違ったストレス解消法

間違ったストレス解消法

普段、ストレス解消と思ってついやってしまうことが実は間違いだったりするのです。
その間違ったストレス解消法をご紹介します。

■うしろめたさを感じながらする
ストレス解消と思いながらも、罪悪感を感じながら行う人は少なくありません。
「仕事が溜まっているのに…」と思いながら寝てしまったり、「また太るかな」と思いつつ食べてしまったり。

罪悪感を感じながらする行動は何をしても良くないです。
考え事をしながらの睡眠は、寝つきが悪くなったり悪夢を見たりします。
ストレス解消をするなら罪悪感は捨てて楽しい気持ちで行いましょう。




■ストレス解消のやり過ぎ
ストレス解消をすることは良いことですがやり過ぎると逆効果です。
例えば、睡眠でストレス解消をしようとして寝だめをしてしまうと、逆に疲れを感じてしまったり、買い物でのストレス解消で予算以上に買いすぎてしまったり、食べてストレス解消の場合は食べ過ぎ飲みすぎで体調を崩してしまったり…。
ストレス解消もきちんと計画立ててから冷静な気持ちで行いましょう。

■他人のストレス解消を共有する
ストレス解消として友達とカラオケに行ったり、飲みに行ったりという場面があると思いますが、それはカラオケが好きであったりお酒が好きでなければ本当のストレス解消にはなりません。
その時に「楽しい」という気持ちはあるかもしれませんが、ストレスは解消できていないのです。
ストレス解消は自分が本当にしたいことをすることで発揮できるのです。
自分のストレス解消法を見つけましょう。


TOP


↑ PAGE TOP