赤ちゃんのストレス 

赤ちゃんのストレス

赤ちゃんのストレス

赤ちゃんも大人と同じでストレスを感じます。
ただ、赤ちゃんはしゃべることができず、泣いて周りに自分の感情を伝えることしかできません。
その泣き声でママ、パパ、周りの大人たちが気づいてあげなければいけないのです。
では、赤ちゃんのストレスにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

赤ちゃんのストレスの原因

・おむつが汚れている
・汗をかいている
・部屋の温度が寒いor暑い
・だっこしてほしい
・眠たいのに寝られない
・母親がイライラしている
・周りが慌ただしい
・お腹が空いている

日常的なことですが、自分で何もできない赤ちゃんにとっては些細なことでもストレスに感じるのです。
泣くことで一生懸命意思表示をしています。
毎日赤ちゃんと向き合っていると、この泣き方はお腹をすかせているな、そろそろおむつ交換だな、という風にわかってくるでしょう。
赤ちゃんの異変にしっかり気づいてあげましょう。

ファムズベビー


ストレスで起こる症状

赤ちゃんのストレスによって、身体に異常が出てきたり、心身的に負担になり動作などで症状が表れてきます。
代表的な症状として、次のようなものがあります。

・母乳、ミルクを飲まなくなる
・下痢や便秘になりやすくなる
・体中に湿疹が出る
・泣く回数が増える
・血便が出る


以上の症状以外で気になることがあるときは、かかりつけの病院で診てもらいましょう。


赤ちゃんのストレス解消法

赤ちゃんは自分でストレス発散ができないので、周りの大人がケアをしてあげましょう。
まずはできることから。オムツはこまめに代えてあげたり、汗をかいたらすぐ着替えをさせてあげたり、ミルクの時間も把握してあげていきましょう。
そして、大事なことはしっかり話しかけてあげることです。

言葉はわからなくても、表情や口の動きで気持ちは伝わります。
目を見てにこっと微笑んであげるだけでも赤ちゃんにとって安心できるのです。
たまには外へでかけて日の光や風に触れてみるのもいいでしょう。


TOP


↑ PAGE TOP