お酒を飲んで嫌なことは忘れましょう。飲みすぎ注意! 

お酒を飲んで嫌なことは忘れましょう。飲みすぎ注意!

お酒を飲んで嫌なことは忘れましょう。飲みすぎ注意!

お酒の力を借りてストレス発散する人は多いと思います。
特に男性は、仕事帰りに職場の人たちと飲んで帰る光景はよく目にしますよね。
お酒の飲みすぎはよくないですが、たしなむ程度には気持ちもリラックスでき、体にもいいとされています。

多少お酒を飲む人と、全くお酒を飲まない人と比較すると多少飲んだほうが長生きするという統計が出ています。
多少のお酒は、周囲の人間関係を円滑にし交流の輪が広がります。
お酒に含まれるアルコールは薬物の一種なので、精神的な快楽をもたらします。
お酒を飲むとストレス解消できるのでストレスを感じた時はみんなでわいわい飲むもよし、一人酒を楽しむのも良し、それぞれの飲み方で軽く飲みましょう。

お酒のデメリット

お酒は飲み過ぎることで肝臓疾患を起こすことがあります。
また、お酒を飲むことで食事時間も長くなり太りやすくなります。
アルコールで交感神経が刺激されることでリラックスし、やる気がなくなります。
日常的にお酒を摂取していると頭の回転も鈍くなり仕事もはかどらなくなります。
手軽にストレスを緩和することができる反面アルコール依存症になってしまう危険性もあります。


お酒と睡眠

不規則な生活をしていると、体内時計が壊れてしまい、タバコやお酒の摂取量が増えてしまいます。
また、ストレスがかかってもタバコやお酒の摂取量が増えます。
お酒を飲むと寝つきが良くなるので、不眠症の人が寝酒をする場合がありますが睡眠の質が悪いので、不眠症を悪化させてしまうので、お酒を飲む場合は寝る3時間前までに済ませましょう。
アルコールは高くなった体温を下げる作用があるのでお酒を飲むと眠くなります。
寝てしまってもすぐ目が覚めるでしょう。
お酒を摂取するとアルデヒドが交感神経を刺激し、心拍数を上昇させるので目が覚めます。

寝付きはよくなりますが、眠りの質が悪くなるので、アルデヒドに変わる3時間ほどは寝るのは我慢してください。
アルデヒドが分解されてから寝ると、途中で目が覚めることなく睡眠の質を落とさずに済みます。


TOP


↑ PAGE TOP