看護師のストレス 

看護師のストレス

看護師のストレス

看護師のストレスの原因としては「過酷な勤務体制」「責任の重い仕事内容」「夜勤勤務」「業務内容に比べて低い賃金」などのさまざまなものがあります。
しかし何といっても多いのは「人間関係に起因するもの」だと思います。
その内容について具体的に挙げてみました。

同僚看護師との人間関係におけるストレス

看護師は一般的に気が強い人が多いと言われています。
むしろ気が強くなければやっていけない職場がほとんど。
新人のころはイジメられ、中堅になると上からも下からも文句を言われ続け、やっと主任や師長などのトップクラスになったかと思えば「いくら注意してもどこ吹く風の新人看護師」や「言い訳と文句に関してはベテランだが、仕事に関しては新人以下のお局看護師」にふりまわされ続けます。
しかも看護業務はチームワークが基本のお仕事。

自分の仕事さえきちんとやっておけばよいという考えは成立せず、同じチームに仕事のできない看護師がいれば「仕事のしりぬぐいをさせられる」ことは必然です。
新人看護師の頃は、おとなしくて文句の一つも言えなかった可愛らしい女の子が、10年後、久しぶりにあってみると職場で新人を怒鳴り散らしている「あの看護師さん怖い」的な扱いを受けているケースというのは、けっして稀なことではありません。
自分の身を守るためには、気が強くなければ続けられないお仕事なのです。


ドクターとの人間関係におけるストレス

医師は一般に尊敬されるべき職業ですが、人間的にどうであるかというと別問題。
あくまでも私個人の見解ですが、ずっと勉強をし続けてきたおかげで人間としての基本的な勉強を怠ってきたとしか思えない医師も数多くいます。
例を挙げれば「同じ病院の看護師に手を出して、奥さんに三下り半を突き付けられた男性医師」や「診察や手術がしたくないと看護師に駄々をこねて、最終的に看護師が嘘の理由で患者さんに頭を下げることを繰り返す医師」「ある看護師とつきあっていたが、医師の母親が病院に乗り込んできて「別れなさい」と言ったとたん「じゃあ、そうする」と即答したマザコン医師」などまるでドラマのような展開が日常茶飯事です。

しかし彼らが仕事をしてくれなければ、そもそも病院自体が成り立たないわけで、いかに「ドクターたちの機嫌をよくし、なだめたり持ち上げたりしながら、仕事のやる気を起こさせるか」も看護師の大事なお仕事の一つなのです。
ここは保育園かと思うようなことが病院でも行われているのですね。


患者さんとの人間関係におけるストレス

「モンスターペイシェント」という言葉がありますが、もっとも看護師の頭を悩ませるのが患者さんとの関係です。
最悪なのは看護師を自分専属の家政婦だと勘違いしている人たち。
「確かにお金は頂いていますが、あなた一人から高額な報酬をもらった覚えはありません」という言葉をぐっとのみこみつつ、呼び鈴のごとく何度も押されるナースコールに応え、自分でできるレベルでありながら「カーテンを閉めろ」だの「水をくんでこい」だのという理不尽な要求に対応し、「来るのが遅い」だの「やり方がなってない」などという罵倒にたえなければなりません。
このタイプの人はすでに家族も愛想をつかしており、他に救いを求められず、病棟間で押し付け合いを繰り返すか、さっさと退院させるよう医師をたきつけるかしか対処方法はないようです。

ここまでではないにしても、基本的に空気の読めない人はストレスの原因になり得ます。
「後ろに何人もならんでいるのに診察中延々と世間話を続け、中断しようとすると怒り出す年配女性」や「自分の子供が全速力で院内を走り回っていても注意の一つもしない若いお母さん」「すべてにおいて理屈っぽく、些細な問題をみつけては看護師に延々と説教し謝らせることで満足する中高年の男性」など、例を挙げるときりがありません。

看護師の人間関係におけるストレスへの対処法は、ずばり「経験と適応力」です。
経験を積んで、いろいろなケースに対応できるようになると、どのケースにおいてもうまくかわすことが出来るようになります。

ただし大切なのは「自分自身が、責任感をもち、きちんとした仕事ができる」ということ。
そうでなければ、ただの要領がいいだけの人になってしまいますからね。


TOP


↑ PAGE TOP