会社と家庭でのストレスの違い 

会社と家庭でのストレスの違い

会社と家庭でのストレスの違い

なんだか最近調子が優れない。
こんな感覚は本人にしかわかりませんしおそらく医療機関へ出向いても、「気にしすぎじゃ無いですか?」と医師に吐き捨てられるように言われ、ドクハラを受けることもあります。
そこでシチュエーション別にストレスが引き起こす病気について書いていきます。

会社でのストレス

会社でのストレスで、一番ネックとなるのは人間関係の軋轢(あつれき)によるストレス。
これは、人と人が絡む以上ある程度我慢と言うよりも、譲り合いの精神が大切ですかね。
それが理解できていない同僚や上司に良いように扱われストレスが増大していくのです。

そういったストレスをため込んだまま仕事をし続けることで、心身的に疲労と苦痛が重なり様々な症状が出始めます。

症状としては早朝覚醒、まだ会社に行く時間には余裕がある早朝に目が冷めてしまうといった状態です。
そのためアルコールを控える必要があります。
そして医療機関を受診し適切な治療を受けることが必要です。


家庭でのストレス

家庭で引き起こされるストレス起因の病気は、夫が定年したことで起こる夫源病
これは今まで、仕事で家庭にいなかった夫とずっと一緒にいると言うことがストレスの原因となり、なんとなく調子が悪いという時に医療機関を受診すると発見される病気です。
これについては夫が原因なので、ある程度夫婦間での話し合いが必要です。

だいたいの家庭で起こりうることだと思いますが、仕方が無いことですよね。
今までいなかった人が急に家にいて、急に用事を言いつけられると言うストレスは、相当重たい状況となるものです。
そして耐えきれず体に反応として出てくるものです。


TOP


↑ PAGE TOP