女性のストレス 

女性のストレス

女性のストレス

女性はストレスの影響で、ホルモンバランスが乱れやすくなります。
ホルモンバランスが乱れると、体の機能を調節する自律神経系(交感神経と副交感神経)もバランスを崩し、不快な症状を起こしやすくなります。
また、女性特有の性格で、細かいことにこだわる、生真面目、好き嫌いで人を判断するといった人が多く、それも原因の一つといえます。

しかし、女性はストレスに弱いわけではありません。
例えば、失恋した際、男性の場合はいつまでも未練を持ったり、悪口を言ったり、ストーカー的な行為をしたりと長く引きずる人が多いですが、女性の場合は、きっぱり諦めて気持ちの切り替えが早かったりします。
現実に対応する能力が、女性のほうが優れているからだと言われています。

女性ホルモンは、ストレスの影響を受けやすい反面、コレステロールの増加を抑える働きがあります。
そのおかげで女性は、男性と比べて心筋梗塞などの病気にかかりにくいメリットがあります。
そのぶん病気によるストレスを受けにくく、男性より長生きできる理由のひとつとなっています。

現代女性に増加中の危険なストレス

最近の女性に増えているのが、ダイエット・ストレステクノ・ストレスです。

◎ダイエット・ストレス
ダイエットをしている女性は大変多いと思いますが、危険なストレス要因がたくさん含まれています。

↓主なストレス要因↓
・痩せたい、痩せないと という思い込みによる精神的なストレス
・無理なダイエットによる栄養バランスの乱れという肉体的なストレス
・ダイエットの失敗による挫折感や罪悪感をともなうストレス


様々なダイエット情報が出回っている世の中、知ってしまうとやらずにはいられなくなりますよね。
過度なダイエットをすることで、栄養バランスの乱れから、イライラ、やる気の低下、めまい、疲れ、肌荒れ、月経不順などを起こします。
さらに挫折感や罪悪感から自己嫌悪に陥り、拒食症や過食症へと進むことも少なくありません。

◎テクノ・ストレス
長時間のパソコン作業によるテクノ・ストレスも、心と体の両面に大きな負担を与えます。
テクノ・ストレスは、まず目の疲れ、肩こり、背中や腰の痛みとなって現れます。
さらにパソコン作業は、脳を疲労させ、判断力の低下や、欲望と理性のコントロール機能の低下を引き起こします。
そのため集中力や持続力がなくなったり、感情がコントロールできずにイライラしたり、感動する気持ちが薄れたりと、さまざまな影響を及ぼすことが知られています。
パソコン作業中は規則的に休憩をとり、気分転換をすること。仕事でパソコン作業が多い人は、自宅ではパソコンを控えめにするなど、少しでもストレスを軽減する工夫をしましょう。

ストレスと上手に向き合うために

◆ストレッサーを取り除く
自分のストレッサー(ストレスの原因)がなんなのかをよく考えて、対処しましょう。

◆ストレッサーを回避する
ストレッサーの回避は、最も効果的で確実なストレス解消法だといわれています。

◆プラス思考でストレスをとらえる
マイナス面に考えすぎず、一度頭を落ち着かせて、プラス思考でとらえる工夫をしてみましょう。

◆諦める
諦めることも究極のストレス解消法といわれます。スパッと考えないようにすると気持ちが楽になりますよ。

◆相談できる人を持つ
信頼のできるなんでも相談できる人を持つと、ストレスの軽減に役立ちます。

◆自分のストレス解消法を身に着ける
気分転換の上手な人は、ストレスが溜まりにくい傾向があります。趣味をみつけることでストレス軽減の受け皿ができます。

◆診察を受ける
自分ではどうにもならないと感じたら、専門医を受診してみましょう。40歳以上の女性の場合は、症状によって更年期障害の可能性もあるので、婦人科・産婦人科をまず診察してみましょう。

女性に多いストレス原因

女性がストレスを感じる理由として多いものはなんでしょうか?
次のような原因が挙げられます。

結婚、妊娠、出産、子育て
更年期障害、ママ友との関係
公園うつ、産後うつ
仕事、上司、友人関係

■女性のストレス体験談
☑ 育児ストレスとその解消法
☑ 色々なストレスがたまって

馬プラセンタ100%サプリメント
会員登録&レビュー書いて→すぐ使える500円クーポン券プレゼント!

女性に多い所にストレスあり

ストレスは、仕事やプライベートにつきまとうものですが、女性が多いところでは必ずと言っていいほど酷いストレスがかかります。
女性特有の性格がストレスを引き起こしてしまうのです。

■あなたの前で他人の文句を言う人は、別のところであなたの文句を言っています
代表的なことですが、女性はとにかく嫉妬心が強く、執念深い生き物です。
例えば、おとなしい後輩を持つと、「仕事ができない」と陰口を叩き、積極的な後輩を持つと「出しゃばりすぎ」と言ったりします。
どうしたところで何か言いたいのが女性という生き物です。
■男性の前では態度が全然違う
そして恐ろしいことにこんな陰湿な女性のほとんどは、男性の前で態度をコロッと変えます。
いわゆるぶりっ子タイプで、むしろ男性社員からは好意的に思われていることが多いのです。
そういった光景を見て、被害を受けた女性はさらにストレスが溜まっていくわけです。
■ヒステリックで子供っぽい女性に注意
特に気を付けたい注意人物は、「ヒステリックで子供っぽい」のが特徴です。
自己中心的でわがままなのです。


TOP


↑ PAGE TOP