飲食店のストレス 

飲食店のストレス

飲食店のストレス

飲食店で働いているとお客さんとの間でのストレス、従業員同士の間でのストレス、体力的なストレス、様々なストレスが交差します。
ストレスを溜めないために、職場での過ごし方を見直しましょう。
●飲食店で働いていてストレスを感じること

・お客様からのクレーム
・レジの金額が合わない
・正社員とバイトの差
・過酷労働
・お客様への対応
・衛生面のシビアさ
・責任者・店長の苦労
・人手不足
・スタッフへの教育
・混雑時の忙しさ

店長・責任者のストレス

飲食店は、正社員が少なくほとんどがアルバイトやパートが多かったりします。
その中で店長や責任者は、正社員としてしっかり指導いていかなければなりませんし、自分自身も責任のある行動で仕事をこなさないといけません。
そんな日々を送っていると、バイトやパートに対しての不満や自分に降りかかる仕事の量の多さなどでストレスは溜まっていく一方。
どういったストレスの原因があるでしょうか。

・スタッフへの不満
アルバイトやパートの人に仕事内容を指導することは大変なこと。
聞き分けのいいスタッフならまだしも、何回言ってもミスをするスタッフ、真面目に仕事をしないスタッフ、容量の悪いスタッフなど、なかなかうまくいかないのが現状です。
また、新しく入ってきた人に毎度仕事を教えていくことは時間を取られる作業です。
スタッフの人数が多いほど自分がする仕事も増えていきます。

・クレーム対応
理不尽な客は近年珍しいことではなく、なんでもないことでも悪態をつけてきたり、ぐちぐちクレームを言ってきたり飲食店でも最も頭を抱える問題でしょう。
アルバイトの起こしたミスでも店長や責任者が代わりに頭を下げなければならないので、クレーム対応は仕事の一部となっていきます。

・レジのお金が合わない
閉店後、一番疲れている時にレジが合わない…。
もちろん店長・責任者は解決しないといけない。
他のスタッフは帰れても、正社員ではそうはいきません。
問題解決まで変えることはできません。お金の問題は大変です。


スタッフのストレス

店長・責任者だけでなく、スタッフだってストレスを感じています。
どういったことで感じているのでしょうか。

・お客様のクレーム
店長・責任者同様、お客様相手に仕事をする以上これは一番ダメージを受けやすいでしょう。
若いスタッフだとどう対処していいのか分からくなり、パニックを起こす人も。
世の中にはいろんな人がいる分、ささいなことで文句を言ってくる人は、数知れず。
臨機応変に対処することがストレス軽減になります。

・上司からの嫌がらせ
この問題もストレスを感じる十分な理由です。
軽いものから悪質なものまで、最終的には事件になりかねないものだってあります。
一人で抱え込まず、周りに助けを求めましょう。

・仕事量の多さ
人手不足や繁盛店では契約以上の仕事をさせられる時もあります。
キッチンへ入ったり、料理を運んだり、オーダーをとったり、お会計をしたり…。
正社員になれるぐらいの仕事量を課せられる人もいるようです。


ストレス解消方法・対処法

 ●店長・責任者の場合
・休憩時間などのちょっとした合間にストレッチや昼寝などをして頭をリラックスさせる。
・スタッフとの会話を楽しむ。
・休みの日には自分の好きなことをする。
・仕事中にイライラしないように大きな心を持つ。
・自分一人で仕事をしようとせず、スタッフと共用して協力し合う。
・お客さんとのトラブルを避けるために日頃からスタッフとの話し合いの場を設ける。
・オンオフをはっきりつけ、休む時はしっかり休む。

●スタッフの場合
・店長、責任者とのコミュニケーションをとる。
・休憩時間にはしっかり休息をとる。
・他のスタッフと会話をし、楽しく仕事をする。
・休みの日は、仕事のことを忘れて休息を満喫する。
・わからないことは、うやむやにしない。
・いつも笑顔で仕事をする。
・夜はぐっすり眠る。


TOP


↑ PAGE TOP