昼寝をして嫌なことは忘れましょう! 

昼寝をして嫌なことは忘れましょう!

昼寝をして嫌なことは忘れましょう!

昼寝は午後の仕事の効率を上げてくれるだけではなく、ストレスの軽減や心臓病、脳梗塞、糖尿病、肥満などの防止にも役立つと言われています。

最近では、会社によって昼寝の時間を設けているところも多いようです。
休みの日に出かけたい気持ちもわかりますが、たまには家でゆっくりして少しの時間だけでも昼寝をしてみましょう。

昼寝の時間

昼寝の理想時間は、目安として午後1時〜3時頃に15分〜30分程度眠るのがいいでしょう。
30分以上の昼寝をしてしまうと、脳は熟睡するモードに切り替わってしまい起床後も慢性的な眠気が続いてしまいます。

また、午後3時以降の睡眠は体内リズムが乱れる原因にもなり昼夜逆転の生活を招いてしまう可能性があります。

●昼寝のメリット
・記憶力や学習能力の向上
・集中力の復活
・疲労回復
・ストレス解消
・精神安定
・性格の活発化
・心臓病予防
・アルツハイマー病のリスクの低下

ホワイトベール フェイスウォッシュ

質の良い昼寝をするために

●寝る前にカフェインを摂る
昼寝をする直前にカフェインを摂ると、目覚めたあとに頭をスッキリさせることができます。
カフェインは脳を興奮させ、集中力を促進する効果があり、効果が現れるまでに30分程度時間がかかります。
そのため、昼寝前にカフェインを摂取しておくと、目覚めたあとすぐに頭をスッキリさせ、集中して活動できるようになります。

●リラックスして昼寝に入る
昼寝の効果を上げるために、体をリラックスした状態で休息を与えることが大切です。
リラックスした状態になることで、限られた時間の中でも質の高い睡眠を得ることができます。
体をリラックスさせるために、靴を脱いだりネクタイを外したり、アイマスクを利用するなどの工夫をしてみましょう。


TOP


↑ PAGE TOP