早寝早起きでストレスを撃退 

早寝早起きでストレスを撃退

早寝早起きでストレスを撃退

年代問わず、不規則な生活はストレスを溜める大きな原因となっています。
そのため、できるだけ規則正しい生活を送ることが大切です。

早寝早起きが健康にもよく、ストレスを溜めにくいようですが、中には夜型の体質の人もいて、早寝早起き型に移行しにくい場合もあります。
しかし、夜型生活を続けていると、徐々に後ろ倒しになってしまい、朝起きる時間が遅くなっていってしまいます。

昼夜逆転の生活に慣れてしまうと、なかなか夜に寝て朝起きるという生活に戻すのは大変です。
仕事などで夜型生活を強いられている場合は別ですが、できるだけ早寝早起きの生活習慣を身につけたいものです。
早起きをするためには、早く寝ることが肝心です。

体内時計をしっかり合わせましょう

いきなり何時間も前倒しをして早起きをしようとすると、体内時計が大きく崩れてしまい、時には自律神経が乱れてしまうことがあります。
毎日少しずつ早く起きるようにしていった方が、早起きの習慣を身につけやすくなるでしょう。
また、せっかく早起きをしても、最低でも半月から一か月くらいは続けないと、すぐに元に戻ってしまいます。
最初の期間が一番大変ですが、慣れてくると自然に早起きができるようになります。

自分の体内時計のリズムが掴めるようになれば、同じ早寝早起きでも何時に寝て、何時に起きるのが快調でいられるかがわかってくるようになります。
休日だからと言って、ダラダラと寝過ごしてしまうのは、かえってストレスを溜めこんでしまうかもしれません。
休日も早寝早起きを実行して、昼寝などで睡眠不足を解消するようにした方が、生活リズムが崩れずに、ストレスも溜まりにくくなるでしょう。

Nature Rhythm

規則正しく、生活リズムを整えて

運動や趣味などでストレスを解消する方法はいろいろありますが、せっかくストレスを解消しても、その分ストレスを増やしていっては良い効果が挙げられなくなってしまいます。
毎日の生活習慣でストレスを溜めないようにして、なおかつ上手にストレスを解消していくことが、健康のためにも大切なことです。
早寝早起きをして、最初に日光を浴びることで体内時計がリセットされます。
何もしないと、体内時計は1時間ずつ後ろにずれていってしまうので、毎朝、朝日でリセットするのが効果的です。

睡眠不足や夜更かし、朝寝坊はストレスを増やしてしまうので、特に気を付けましょう。
不規則な生活は心の乱れに大きく関係し、ストレスが増えていってしまいます。
無駄なストレスを増やさない生活を心がけて、毎日気持ちのいい生活を送っていきたいものです。


TOP


↑ PAGE TOP