アパレル業界のストレス 

アパレル業界のストレス

アパレル業界のストレス

アパレル業界の仕事は、人と関わる仕事なのでやはり人間関係からくるストレスが多くみられます。
女性が多く活躍する職場であることから、職場内での上下関係の強さや確執があるようです。

また、接客業なので職場内だけでなくお客様との間のもめ事など色々な人と関わることが多い分ストレスもたまりやすい傾向にあります。
アパレル業界のストレスの原因としてあげられるのは、以下のようなものがあります。

☑ 接客
☑ ノルマ
☑ 販売力
☑ 給料
☑ 同僚との関係
☑ 上下関係
☑ 残業
☑ 上司
☑ トレンドや流行を常に把握
☑ 大型連休など休みがとれない

女性社会でのストレス

アパレル業界は女性が多数を占めます。(メンズショップは男性が多い)
女性だらけのなかにいると人間関係はぎすぎすし、揉め事も日常茶飯事。
先輩や上司、後輩と合わないという人は多いでしょう。
上下関係が特に厳しい店舗では、先輩の行動に常に敏感にならなければなりません。

▼アパレル業界で生き残るために
・先輩の考えを第一に考えつつ自分の意見も提案する
・何をするべきか周りを見て要領よく動く
・人間関係を良好に保ちつつ、自分の売上も上げる

文章で読んだだけでもストレスが溜まりますよね。
特に先輩や店長に厄介な人がいれば、毎日仕事に行くのは億劫。
自分が正しい行動をとっていても、上から責め立てられると何も言えなくなります。
先輩の問題だけでなく、同期からの嫌がらせを受ける人も少なくはないでしょう。
女ばかりの世界では、些細なことでが大きな問題に発展していき、息苦しさを感じます。

アパレル派遣なび

狭いショップ内でのストレス

百貨店やショッピングモールに入っているショップでの定員数は3〜4人程度。
決して広くはない店内で一日過ごす…。
和気あいあいと過ごせているお店にとってはアットホームな空間ですが、しょっちゅうもめ事を起こしているようなお店にとって苦痛な空間はないです。
先輩・店長クラスの人間にとってはそんな嫌な空気の中でも平気で過ごせると思いますが、下の人間からすると嫌でで仕方ない時間。
そんな空気はお客様は敏感に感じるものです。
そうすると売上も落ちていく傾向にあります。
個人のノルマがあるお店では余計に売上に対してもシビアになってきます。

例えば、
・お客様がお店に入ってきて声を掛ける
      ↓
・試着されることになりフィッティングルームへご案内
      ↓
・急に先輩から仕事を任される
      ↓
・結局そのお客様は先輩の売上に・・


そんなことが日常的に繰り返し起こりながら先輩に対しての不信感は募り…。
本来ならばお客様への気配りを大事にしていかないといけないのに、したくもない先輩に気配りをするという実情。
嫌いな人と一日中一緒にいなければいけないというストレスがどんどん溜まっていきます。

店長のストレス

店長はやはりそのお店で一番トップの存在。
全ての責任も店長に降りかかりますし、他の従業員への影響力も大きいです。
商品の見せ方、お店作り、予算の組み方、クレーム対応、スタッフの指導など全ての仕事をこなしていかなければなりません。
もちろん店長としての売上も常に先頭に立ってとっていかなければなりませんし、あるいはあまり販売力のないスタッフのフォローに入って売上をあげてあげるなんてこともしています。

そんな仕事が多い中でストレスを溜めずに仕事をこなしていくほど器用な人間はいないです。
会社からのプレッシャーを感じながら日々の売上をとっていくのは店長にとってとてもストレスの溜まることだと思います。
時には言いたくないこともスタッフにぶつけてしまうこともあるでしょう。
そういった中で他のスタッフからの優しい言葉は嬉しかったりするものです。
店長が疲れているように感じたら一言声をかけてみましょう。

ダブスタ直営通販 - dsc-nightstore.com

ストレス解消

こうしたストレスを感じていく中で、ストレスを解消していくことはとても大事!
自分の好きなことで発散していきましょう。

●ストレス解消法
☑ ショッピング
☑ 料理
☑ カラオケ
☑ 旅行
☑ 読書
☑ ドライブ
☑ お酒
☑ 食事
☑ 音楽鑑賞
☑ 映画鑑賞 など

●接客業のストレス体験談
・接客業におけるストレス


TOP


↑ PAGE TOP